へたっぴ写真工房

明日は何を撮りに行こう?

赤橋  


日本最古の稼働橋、この地に作られ82年
嘗ての戦争で受けた銃撃の跡が今も歴史を語っている。
風景
~大洲市長浜町・長浜大橋(赤橋)~

風景
来月の末あたりには橋の中央に夕陽が落ちます。

スポンサーサイト

紫陽花  


花屋で見掛けた山アジサイが欲しい。
これからの時期、良い被写体になってくれるし
家に居ながら写真が撮れるってところが良い。
植物
~100均レンズにて~(↑これは只のアジサイ)


展示会初日は開場前にも拘らず多くの方が訪れるなど
大盛況の様相を呈しておりました。


こんな庭に憧れる  


いよいよ明日から展示会です。
植物
~大洲市・赤煉瓦館~


忘れられない言葉  


今日、あるTwitteユーザーが投稿したツイートのニュースを見ました。
コンデジで撮影していた際、一眼レフを構えていた方に言われた一言・・・ってやつですが
ツイートの内容を詳しく書いて良いのか解らないので気になる方は検索してみて下さい。

で、私も過去にそれと似た経験をしたことがあります。
その時に私が言われた言葉は「カメラの値段は写真の腕に比例する」です。
だるま夕日を撮ろうと海岸に三脚を据えていた際に、年配のベテランさんが
居並ぶカメラマンの使っているカメラを見て回って言い放った言葉です。
因みに、その場に居たカメラマンの中で私のカメラが一番安く、一番低性能でした。(↓続く)
風景
頭ではその言葉が間違っているということが判っているのだけど、未だに心の奥底で
トラウマになっているのか大勢のカメラマンが集まるような場では周囲の目が気になってしまいます。

縁結び  


引いたおみくじを木に結ぶのは神や精霊が宿る樹の生命力にあやかる為らしい
これも八百万の神という概念(宗教観)を持つ日本特有の行為なのかな?
風景


▲Page top